トップページ > そば粉製造過程

そば粉製造過程 そば粉製造過程

そば粉製造過程

原料の受入から精選、製粉、ブレンド、最終篩…最終検査・出荷まで、松屋製粉でのそば粉製粉過程を順を追ってご紹介いたします。 原料の受入から精選、製粉、ブレンド、最終篩…最終検査・出荷まで、松屋製粉でのそば粉製粉過程を順を追ってご紹介いたします。

※各項目クリックすると詳細が見れます
1、原料受入

トラックで運ばれた原料は、収穫時に入り込んだ夾雑物や鉄粉を機械を通して除去し、産地別に原料サイロへ投入されます。

2、精選(セパレーター)

原料受入時に完全に除去しきれなかった夾雑物を再度取り除きます。

3、精選(ドライストナー)

比重差を利用して小石を選別し除去します。

4、精選(粒選シフター)

原料を篩分けし粒揃えを行います。

5、脱皮(脱皮機)

摩擦により殻を取り除きます。

6、脱皮(アスピレーター)

空気の力で実と殻を分離します。

風力による比重選別機アスピレーターでそば殻や砕けをむき実と分離
7、製粉(製粉機 ロール)

金属製の2本のロールを噛み合わせるように回転させ、その隙間で晩砕する製法です。
粒度、色調等幅広く対応することが出来るため、様々なそば粉を一定の品質で量産できます。

8、製粉(製粉機 石臼)

原料を少量ずつ投入し、石臼をゆっくり回転させて挽く製法です。
熱を持ちにくいため風味が残りやすく、しっとりとしたそば粉になるのが特徴です。

石臼 大型石臼
9、製粉(粉シフター)

製粉機で晩砕されたそば粉は、シフター内のシーブ(網目の細かい篩)に
よって数種類のそば粉に採り分けられ、種類ごとに粉サイロに入ります。

10、ブレンド(ミキサー)

粉サイロに入ったそば粉は、製品ごとに定められた配合で排出され、ミキサーでブレンドします。
ここで規格に適合しているかチェックします。

安心・安全のために徹底的に点検を行います
11、最終篩(粉シフター)

異物混入等、万一に備えて専用シフターでもう一度ふるいます。点検は欠かせません。

12、包装・積み付け(パッカー 自動定量袋詰機)

そば粉を自動定量袋詰機で袋に充填後、コンベア上で重量検査・異物検査・口封・ロット番号印字を行い、
ロボットパレタイザで積み付けます。

13、最終検査・出荷

品質管理室で最終検査を行い、合格した製品を出荷します。

製品を出荷!
フリーダイヤル 0120-56-4157 受付 8:30~17:15 (土・日・祝日を除く) Fax 0285-38-7727 おそばに関するご質問やご相談等はこちらから